日々バリバリ活力高く働いているあなたに 知ってもらいたい 心筋梗塞・脳梗塞リスクについて

日々バリバリ活力高く働いているあなたに 知ってもらいたい 心筋梗塞・脳梗塞リスクについて

将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査

12,500 円(税抜)

無料相談はこちら

脳梗塞・心筋梗塞は決して他人事ではありません

厚生労働省によると、平成25年度の調査では、脳梗塞および心筋梗塞は日本人の主要な死因として非常に高くなっています。心筋梗塞は死因の第2位。脳梗塞は4位です。

これらの疾患について、「今かかっているか」という現状把握は、頚動脈エコーやMRIなど、医学技術の進歩により、かなり正確にわかるようになって来ていますが、これらの病気の特徴として挙げられるのが「前兆がなく突然発症する」場合も多いということです。

また、運よく一命を取り留めたとしても、その後のリハビリなどで、元の生活に戻れるようになるまでに相当の労力・時間・費用を使うことになったり、そもそも戻れない方もたくさんいらっしゃるのです。

内装工事の会社を経営していた50代の半ばくらいだったと思います。
ある日、現場で急に頭痛と肩こりがしてきました。仕事中に肩こりというのもあまり経験がなかったのですが、「しょせん肩こり」と、特に何も気にしませんでした。
しかし、帰って妻に何気なく声をかけようと思ったとき、声がかすれたのです。明らかに普通ではありませんでしたが、特に事態を重く捕らえてはいませんでした。
しかし、その日の夕飯後、風呂に入ろうと思って椅子から立ち上がったときに、急に目の前が暗くなり、力が入らなくなって倒れてしまいました。
(脳梗塞で倒れたことのある富山県のTさん。その後、治療により一命を取り留められました。)

配達の仕事をしていた40代のころの話です。
全く普段と同じように起床し、いつものように支度をして出勤しました。
午前中の仕事を終え、昼食を食べて午後最初の配達先についたときの話です。
運転席を降り、後部のドアを開けて荷物を取ろうと思ったときに、ものすごい寒気と脱力感に襲われ、そのままそこに座り込んでしまいました。かつそのまま意識を失い、気づいたときは病院のベッドでした。
(脳梗塞で倒れたことのある大阪府のRさん。Rさんもその後、治療により一命を取り留められました。)

「なりやすさ」を知る?とは

前述のとおり、「今かかっているか」という現状把握は、頚動脈エコーやMRIなど、医学技術の進歩により、かなり正確にわかるようになって来ていますが、実は「将来にどの程度の罹患リスクがあるか」という予測の技術は今までありませんでした。

従来より、脂質異常症がこれらの疾患に関与しているとされていましたが、そのメカニズムは十分に解明されていませんでした。しかしその後、国立循環器病研究センターでの研究によって、酸化(変性)LDLがLOX-1という受容体を介して血管内皮障害を引き起こすというメカニズムが解明されました。
これにより、動脈硬化の発症リスクを早期の段階から捉えることが可能になってきたのです。

どんな人におすすめか

基本的に、脳梗塞も心筋梗塞も血管の健康が密接に関係してきます。
そのため、以下のような状況に心当たりのある方には、この検査を強くお勧めします。

  • 塩分や糖分、エネルギーの摂取が過剰な人
  • 運動が嫌いな人
  • 喫煙している人
  • 肥満の人
  • 家系に高血圧の方がいる人

もちろん、基準を厳しくすれば、多くの人が上述のターゲットに入ってしまうものですが、前段のとおり、これらの疾患は前触れのないケースも多くありますので、是非この機会に検査の受検をご検討ください。

さらに、元宝塚の有名女優が40代で発症したのも、心筋梗塞でした。決して中年の肥満男性のだけのものではありませんので、多くの方の受検をお勧めいたします。

特に受検していただいているご職業の方

  • 会社経営者
  • ビジネスの最前線で働いている方
  • 職人さんなど手に職を持っている方
  • 主婦の方

など、日々「身体が資本」で頑張っておられる方に多くご受検いただいております。

将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査

12,500 円(税抜)

無料相談はこちら
将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査
「LOX-index」(ロックス・インデックス)
12,500 円(税抜)

LOX-indexという独自のバイオマーカーで将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測する血液検査です。リスクを分かりやすいレポートで解説。定期的に受検することでリスク評価の変化を見ることができます。手頃な価格で、検査自体も約10分で完了します。

結果サンプル

「LOX-index」(ロックス・インデックス)を導入している先生

はる内科クリニック 院長
山本 春光 先生

こと脳梗塞や心筋梗塞のような病気は特に、予防が圧倒的に有用なのは言うまでもありません。なぜならばその多くは、効果がはっきりしている対策を打ちやすいためです。
私も実際、私のところに来てくださるたくさんの患者さんにお勧めしております。

お問い合わせから検査までの流れ

STEP1
申込フォームからお問合わせ

当サイト下部の「お申込/お問合フォーム」から興味のある検査、および個人情報をご入力ください。

STEP2
コンシェルジュから詳細のご案内

ご選択いただいた内容に応じ、コンシェルジュから詳細情報についてのご案内をご連絡させていただきます。
ご不明な点やご要望がございましたら、何なりとお申し付けください。
検査の受検を希望される場合は、ご希望の施設や日時についてお申し付けください。

STEP3
検査代金のお支払

検査の受検を希望される場合は、事前に検査代金のお支払いをお済ませください。
お支払手続きについてもコンシェルジュからご案内をさせていただきます。

お支払い方法は、クレジットカード決済をご予定しております。
※銀行振込をご希望の方は、その旨お申し付けくださいませ。

STEP4
検査の実施~検査結果

その後、コンシェルジュにてご連絡させていただいた予約日に、受検施設を訪問し、受検ください。
検査結果は2週間から1か月後に、再度受検施設をご訪問いただき、お聞きください。
なお、当日のお支払いに関しては、検査代はSTEP3にて完了しておりますので、初診料等のみです。
※初診料の有無等、当日かかるものについては、コンシェルジュにお問い合わせくだされば回答させていただきます。

お問い合わせ

こちらのフォームから、「ゲノム・パーソナル医療関連検査」のお申込、またはお問い合わせをしていただくことができます。

ご連絡先情報をいただいた後、G-TAC社のコンシェルジュより、医療機関やお日にちのコーディネートをさせていただき、お支払いのご案内などをお送りさせていただきます。

お話をさせていただき、受検の可否をお決めいただくことができますので、まずはお気軽にお問合せください。

ゲノム・パーソナル医療関連検査事務局
TEL: 03-6679-2255(受付時間:平日10:00~18:00)
MAIL: order@g-tac.co.jp

以下の情報をご入力ください。

送信の際には、G-TAC会員規約・サービス個別規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

プライバシーポリシー

ゲノム・パーソナル医療関連検査提供サービス個別規約

  1. (本個別規約の適用範囲)
    1. 本個別規約は、G-TACが運営する、医療機関を介したゲノム・パーソナル医療関連検査の提供サービス(以下「検査サービス」といいます)に適用されます。
  2. (検査サービス契約の成立)
    1. 会員が次条に従って検査サービスの申込みを行い、G-TACがゲノム・パーソナル医療関連検査を受検する施設(以下「受検施設」といいます)における検査の予約(以下「受検予約」といいます)が成立したことを会員に通知した時点をもって、会員とG-TACとの間で検査サービスの利用にかかる契約(以下「検査サービス契約」といいます)が成立するものとします。
    2. 会員は、受検施設にて検査の説明を医師から受け、検査を受検するものとします。
  3. (検査サービスの申込み)
    1. 会員は、G-TACサービス利用規約および本個別規約の内容を承認したうえで、G-TAC所定の手続に従って検査サービスの申込みを行うものとします。
    2. 会員は、検査サービスの申込みを行う場合は、G-TACが個別の検査毎に定める注意事項に同意するものとします。注意事項の確認を怠ったことによって生じるいかなる損失についてもG-TACは責任を負わないものとします。
    3. G-TACは、以下の場合は、検査の申し込みを受け付けない、または検査実施をキャンセルすることができます。
      (1)G-TACが個別の検査毎に定める同意事項に同意しないとき
      (2)会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反したとき
      (3)本サービスが不正利用される疑いがあるとG-TACが判断した場合
      (4)その他G-TACが不適当と判断したとき
  4. (検査サービスの利用料金)
    1. 検査サービスの利用料金は、個別の検査ごとにG-TACが定め、G-TACサイト上への掲載その他の方法により会員に通知する金額とします。
    2. 検査サービスの利用料金の支払方法は、G-TACが定める方法とします。
  5. (受検予約の変更・キャンセル)
    1. 会員都合の予約の変更・キャンセルについて、以下のように料金をご負担いただく可能性がございます。
      (1)受検予約の変更
        <遺伝カウンセリング>
        カウンセリング当日    :5,000円
        カウンセリングの1営業日前 :5,000円
      (2)受検予約のキャンセル
        <検査>
        受検日当日    :検査代金の100%
        受検日の1営業日前:検査代金の70%
        受検日の2営業日前:検査代金の50%
        受検日の3営業日前:検査代金の10%
        受検日の4営業日前:検査代金の10%
        受検日の5営業日前:検査代金の10%
        <遺伝カウンセリング>
        カウンセリング当日    :15,000円
        カウンセリングの1営業日前 : 7,500円
  6. (検査サービスの提供の停止等)
    1. G-TACは、会員が以下の各号にいずれかに該当する場合は、当該会員に事前の通知なく、検査サービスの利用を一時的に停止し、または検査サービス契約を解除することができるものとします。
      (1)会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反した場合
      (2)検査サービスが不正に利用される疑いがあるとG-TACが判断した場合
      (3)その他G-TACが不適当と判断した場合
    2. G-TACは、本条に基づいてG-TACが行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  7. (会員の基礎データの取扱い)
    1. G-TACは、検査サービスを利用する会員の基礎データ(年齢、性別、身長、体重、血圧、家族歴)その他の検査に関する情報(以下「基礎データ」といいます)を、受検施設または会員本人から受領します。
    2. G-TACは、基礎データをエムスリーまたは検査会社に提供します。ただし、会員の氏名、生年月日、住所、携帯電話番号およびメールアドレスについては、エムスリーまたは検査会社に提供することはありません。
    3. G-TACは、会員の基礎データを、「G-TAC利用規約」第13条第1項各号に定める目的で利用することがあります。
  8. (本検査結果の取扱い)
    1. G-TACのグループ会社であるエムスリー株式会社(以下「エムスリー」といいます)は、本検査結果を、検査会社等から直接入手することがあります。なお、G-TACは、本検査結果を一切保有しません。
    2. エムスリーは、本検査結果を、本サービスのウェブサイト上で、会員本人に対して開示することができます。なお、G-TACは、会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反した場合、その他G-TACが不適当と判断した場合、当該会員に対する検査結果の開示を停止することができます。
    3. エムスリーは保有する検査結果および基礎データを下記の目的で利用することがあります。
      (1)会員本人の承諾に基づき、医療機関に対し閲覧させるため
      (2)本検査結果の分析および分析結果の公表を(特定個人を識別できないものに限ります) のするため。なお、分析の目的、対象、分析結果の公表先については用途ごとに会員本人に通知し、同意を得たうえで利用することとします。
  9. (G-TACの責任)
    1. 検査は各検査会社において実施されるものであり、エムスリーおよびG-TACは、検査および検査結果の正確性、完全性、有用性等について一切保証しないものとします。
    2. G-TACは、検査結果の説明、診療行為その他の受検施設が実施する全ての行為について、一切責任も負わないものとします。