初登場 認知症検査販売開始!

初登場 認知症検査販売開始!

こんな方におすすめ

  • 年齢 50歳以上の方
  • もの忘れ 最近もの忘れが気になる方
  • 将来 将来の認知症発症に不安を感じている方

軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査

MCIスクリーニング検査 19,300 円(税抜)

無料相談はこちら

認知症は決して他人事ではありません

厚生労働省によると、2012年度の日本において、認知症およびその予備軍とされる軽度認知障害(MCI)の人口は862万人存在すると発表しています。実にこれは65歳以上の4人に1人です。
さらに、このMCIの状態を放っておくと数年で、そのMCIにかかっている人の約半数が認知症に進むといわれています。

実際のところ認知症は、一度発症すると現代医学では治することは難しい病気です。
たしかに抗認知症薬という薬も開発されておりますが、これは進行を数ヶ月遅らせる効果しかないのです。

認知症は予防できる?

認知症を発症すると、医師による診断を元に投薬やリハビリなどの治療が始まります。

現在、認知症の症状を若干改善し進行を一定期間遅らせる薬はありますが、進行を止め、病気を根本的に治す薬はありません。

最近の研究では軽度認知障害(MCI)の段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防いだり、症状の進行を遅らせたりすることができることが分かってきています。

そのため、早くその兆候を発見し、認知症を発症しないための生活習慣の改善や早期治療を徹底していくことが大切です。

軽度認知障害(MCI)を血液で早期発見

そんなMCIのリスクを、血液だけで調べることができる検査が開発されました。
それが、「MCIスクリーニング検査」です。

実は、認知症を発症する前から、少しずつ脳の変化が起こっています。
その変化は約20年前からともいわれています。
MCIスクリーニング検査では、その発症前の脳の変化に着目し、軽度認知障害の可能性を判定します。

認知症の約60%を占めるのがアルツハイマー病です。
アルツハイマー病は、アミロイドβという物質が20年ほどかけて徐々に脳内にたまって発症することがわかっています。アミロイドβは誰の脳でも発生しますが、本来はそれを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっています。

この検査では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べます。

  1. アミロイドβを脳から髄液中に排出するたんぱく質
  2. アミロイドβを食べて処理するたんぱく質
  3. アミロイドβにくっついて毒性を弱めるたんぱく質
軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査
MCIスクリーニング検査
19,300 円(税抜)

MCIスクリーニング検査は、血液中の特定のタンパク質を調べることにより、アルツハイマー型認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)のリスクを、統計学的に確率を示すものです。早期に発見し、診断を受けるためのスクリーニング検査ですので、本検査で“リスクが高い”と判定された方は、専門医の病院で2次検査を受けることをおすすめします。

結果サンプル

お問い合わせから検査までの流れ

STEP1
申込フォームからお問合わせ

当サイト下部の「お申込/お問合フォーム」から興味のある検査、および個人情報をご入力ください。

STEP2
コンシェルジュから詳細のご案内

ご選択いただいた内容に応じ、コンシェルジュから詳細情報についてのご案内をご連絡させていただきます。
ご不明な点やご要望がございましたら、何なりとお申し付けください。
検査の受検を希望される場合は、ご希望の施設や日時についてお申し付けください。

STEP3
検査代金のお支払

検査の受検を希望される場合は、事前に検査代金のお支払いをお済ませください。
お支払方法についてもコンシェルジュからご案内をさせていただきます。
お支払いは、以下の2つの方法からご選択いただくことができます。
1)クレジットカード払い
2)銀行振込

STEP4
検査の実施~検査結果

その後、コンシェルジュにてご連絡させていただいた予約日に、受検施設を訪問し、受検ください。
検査結果は2週間から1か月後に、再度受検施設をご訪問いただき、お聞きください。
なお、当日のお支払いに関しては、検査代はSTEP3にて完了しておりますので、初診料等のみです。
※初診料の有無等、当日かかるものについては、コンシェルジュにお問い合わせくだされば回答させていただきます。

お問い合わせ

こちらのフォームから、「ゲノム・パーソナル医療関連検査」のお申込、またはお問い合わせをしていただくことができます。

ご連絡先情報をいただいた後、G-TAC社のコンシェルジュより、医療機関やお日にちのコーディネートをさせていただき、お支払いのご案内などをお送りさせていただきます。

お話をさせていただき、受検の可否をお決めいただくことができますので、まずはお気軽にお問合せください。

ゲノム・パーソナル医療関連検査事務局
TEL: 03-6679-2255(受付時間:平日10:00~18:00)
MAIL: order@g-tac.co.jp

以下の情報をご入力ください。

送信の際には、G-TAC会員規約・サービス個別規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

プライバシーポリシー

ゲノム・パーソナル医療関連検査提供サービス個別規約

  1. (本個別規約の適用範囲)
    1. 本個別規約は、G-TACが運営する、医療機関を介したゲノム・パーソナル医療関連検査の提供サービス(以下「検査サービス」といいます)に適用されます。
  2. (検査サービス契約の成立)
    1. 会員が次条に従って検査サービスの申込みを行い、G-TACがゲノム・パーソナル医療関連検査を受検する施設(以下「受検施設」といいます)における検査の予約(以下「受検予約」といいます)が成立したことを会員に通知した時点をもって、会員とG-TACとの間で検査サービスの利用にかかる契約(以下「検査サービス契約」といいます)が成立するものとします。
    2. 会員は、受検施設にて検査の説明を医師から受け、検査を受検するものとします。
  3. (検査サービスの申込み)
    1. 会員は、G-TACサービス利用規約および本個別規約の内容を承認したうえで、G-TAC所定の手続に従って検査サービスの申込みを行うものとします。
    2. 会員は、検査サービスの申込みを行う場合は、G-TACが個別の検査毎に定める注意事項に同意するものとします。注意事項の確認を怠ったことによって生じるいかなる損失についてもG-TACは責任を負わないものとします。
    3. G-TACは、以下の場合は、検査の申し込みを受け付けない、または検査実施をキャンセルすることができます。
      (1)G-TACが個別の検査毎に定める同意事項に同意しないとき
      (2)会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反したとき
      (3)本サービスが不正利用される疑いがあるとG-TACが判断した場合
      (4)その他G-TACが不適当と判断したとき
  4. (検査サービスの利用料金)
    1. 検査サービスの利用料金は、個別の検査ごとにG-TACが定め、G-TACサイト上への掲載その他の方法により会員に通知する金額とします。
    2. 検査サービスの利用料金の支払方法は、G-TACが定める方法とします。
  5. (受検予約の変更・キャンセル)
    1. 会員は、受検予約を変更する場合は、G-TACが定める方法によるものとします。受検予約の変更に要する費用については、G-TACが別途定めるものとします。
    2. 会員は、受検予約をキャンセルする場合は、G-TACが定める方法によるものとします。受検予約のキャンセルに要する費用については、G-TACが別途定め会員へ通知する金額とします。
  6. (検査サービスの提供の停止等)
    1. G-TACは、会員が以下の各号にいずれかに該当する場合は、当該会員に事前の通知なく、検査サービスの利用を一時的に停止し、または検査サービス契約を解除することができるものとします。
      (1)会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反した場合
      (2)検査サービスが不正に利用される疑いがあるとG-TACが判断した場合
      (3)その他G-TACが不適当と判断した場合
    2. G-TACは、本条に基づいてG-TACが行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。
  7. (会員の基礎データの取扱い)
    1. G-TACは、検査サービスを利用する会員の基礎データ(年齢、性別、身長、体重、血圧、家族歴)その他の検査に関する情報(以下「基礎データ」といいます)を、受検施設または会員本人から受領します。
    2. G-TACは、基礎データをエムスリーまたは検査会社に提供します。ただし、会員の氏名、生年月日、住所、携帯電話番号およびメールアドレスについては、エムスリーまたは検査会社に提供することはありません。
    3. G-TACは、会員の基礎データを、「G-TAC利用規約」第13条第1項各号に定める目的で利用することがあります。
  8. (本検査結果の取扱い)
    1. G-TACのグループ会社であるエムスリー株式会社(以下「エムスリー」といいます)は、本検査結果を、検査会社等から直接入手することがあります。なお、G-TACは、本検査結果を一切保有しません。
    2. エムスリーは、本検査結果を、本サービスのウェブサイト上で、会員本人に対して開示することができます。なお、G-TACは、会員が「G-TAC利用規約」または本個別規約に違反した場合、その他G-TACが不適当と判断した場合、当該会員に対する検査結果の開示を停止することができます。
    3. エムスリーは保有する検査結果および基礎データを下記の目的で利用することがあります。
      (1)会員本人の承諾に基づき、医療機関に対し閲覧させるため
      (2)本検査結果の分析および分析結果の公表を(特定個人を識別できないものに限ります) のするため。なお、分析の目的、対象、分析結果の公表先については用途ごとに会員本人に通知し、同意を得たうえで利用することとします。
  9. (G-TACの責任)
    1. 検査は各検査会社において実施されるものであり、エムスリーおよびG-TACは、検査および検査結果の正確性、完全性、有用性等について一切保証しないものとします。
    2. G-TACは、検査結果の説明、診療行為その他の受検施設が実施する全ての行為について、一切責任も負わないものとします。