Main
コラム 2016.10.31

30億の塩基対が織りなすヒトの生命

ゲノムの多様性はヒトの個性を生み出しますが、同時に、遺伝子関連疾患の原因ともなります。

その多様性を生み出すものとして、染色体や遺伝子の一部の変化に加え、近年では一塩基多型(SNP)やエピジェネティクスなどの概念に注目が集まっています。

そこで今回は、ゲノムの多様な変化と疾患との関係について解説します。

監修:東京大学附属病院 循環器内科学講座 講師
森田 啓行 先生

会員登録でキャンペーンや各種サービス等のご案内をお受取いただけます。

会員登録