Main
コラム 2016.11.14

個別化医療を叶える遺伝学的検査

個別化医療では、より正確な診断と個人に適した治療選択が求められます。遺伝学的検査によって得られる患者さんのゲノム情報を活用することで、それらの精度の向上が期待されています。

今回は、疾患や体質の要因を調べる生殖細胞系列を対象とする遺伝学的検査の特徴をご紹介し、疾患の鑑別や確定診断、薬剤選択といった診療での応用について解説します。

監修:東京大学附属病院 循環器内科学講座 講師
森田 啓行 先生

会員登録でキャンペーンや各種サービス等のご案内をお受取いただけます。

会員登録