Main
受検者の声 2016.03.10

ラクスル松本社長は、がん検診もラクする!

Profile matsumoto
ラクスル株式会社 代表取締役
松本恭攝氏

1984年富山県生まれ。アントレプレナー。慶應義塾大学商学部卒業後、A.T.カーニーに入社。M&Aや新規事業、コスト削減など幅広いプロジェクトに従事。2009年にラクスルを設立。6兆円市場の旧態依然とした印刷産業の構造変革を目指し、1,000社以上の印刷会社をネットワーク化したファブレスの印刷ECサイト「raksul」の運営を手がける。

Profile uematsu
G-TAC株式会社 代表取締役社長
植松正太郎氏

1984年栃木県生まれ。社内アントレプレナー。学習院大学卒業後、SBIホールディングスに入社。2C・2B向け営業、店舗開発、経営企画、マーケティング、新規事業、人事など幅広いプロジェクトに従事。2011年にエムスリー入社。製薬企業向けのマーケティング支援業務において、Web講演会事業やMR向けの営業支援アプリ開発など、新規事業を複数立ち上げ。2015年8月にゲノムを活用した医療業界の構造変革を目指しG-TAC社を設立、20,000人の医師ネットワークを背景としたゲノム医療のプラットフォームを運営している。

ラクスルは新進気鋭の若手起業家・松本恭攝氏が立ち上げたベンチャーで、印刷と物流業界の変革を目指しています。今やビジネスマンや投資家の熱視線を集める企業の一つです。でも、そんな松本社長にも思わぬ弱点があるんです!その悩みを解決すべく、G-TACは最新のゲノム・パーソナル医療をお勧めしました。実際に検査を体験した松本氏は何を語るのか?ビジネスパーソンに役立つ情報を含め、前後編の社長対談をお届けします。

Sub 1

嫌いな食べ物No.1はバリウム

Profile uematsu
こんにちは、G-TACの植松です。松本さんには先日、G-TACが提供している消化器がんマイクロアレイ血液検査の検査を受けていただきました。今日はその結果が出る日ですが、医師との面談時間まで少しお話させてください。
Profile matsumoto
先日はお世話になりました。ラクスルの松本です。検査は衝撃的な体験でした。というのも、前日の夜は軽食で禁酒、当日は朝も昼も抜いて臨んだのに、本当はその必要はなかった。採血だけですぐに終わったのが印象的でした。
Profile uematsu
検査前にクリニック前の韓国料理を食べていましたよね(笑)
Profile matsumoto
そうなんです。毎年、聖路加国際病院で人間ドックを受けており、それは前日から食事制限があるので「健診=食べちゃダメ」という刷り込みがあったんですね。ここ2年は連続で胃がんの検査ができていなかったので、今回ご紹介いただいて有難かったです。
Profile uematsu
そうなんですか?
Profile matsumoto
バリウムが苦手でどうしても飲めなくて。僕の嫌いな食べ物No.1はバリウムです!本当は胃カメラがいいのですが、なかなか予約が取れなくて、バリウム検査に回される。それでバリウムが飲めないなら健康診断の意味がないですよね。
Profile uematsu
確かに。経営者にとって健康管理は重要ですから、意味のある健診を受けていただきたいです。
Sub 2

熱狂的なファンになれる自信あります

Profile matsumoto
経営者は身体を壊すと各方面に迷惑がかかるので、健康管理のプライオリティは高いです。ジムは最低でも週1回、できれば2回行っていますし、睡眠は必ず取ります。最低6時間、できれば8時間。食生活は外食が多く毎日飲むので、なるべく野菜を食べるよう心掛けています。不健康な生活であることを自覚した上で、できるだけ健康に生きようと思っています。植松さんと知り合ったのも飲み会でしたね(笑)
Profile uematsu
そうでした(笑)そこで消化器がんマイクロアレイ血液検査をご紹介したんですよね。
Profile matsumoto
あの会には医療業界でビジネスをされている方々が多くいらっしゃって、バリウム検査はあまり精度が高くないと聞きました。それならこの検査がいいと勧められて、すぐにやりたいと思いました。僕は毎年これを受けたいですね。もうバリウムは飲みたくないです。
Profile uematsu
ありがとうございます。バリウム検査はX線による放射線被曝の問題もありますから。
Profile matsumoto
僕はこの検査の熱狂的なファンになれる自信があります。僕を含め、そういう人達から口コミで広まることで、使う人は増えてくると思います。業界ごとに信頼度の高い人がいますから、彼らに使ってもらって口コミしてもらうといいんじゃないですか。フェイスブックは最初ハーバードの学生だけで使っていたからこそブランドが構築できたのだと思います。G-TACの事業でも同じことが言えるのではないでしょうか。
Sub 3

インフラ化できれば事業は成功

Profile uematsu
我々は医療業界にゲノム・パーソナル医療の仕組みを入れて世界を変えることを目指して活動しています。松本さん率いるラクスルも印刷、物流の世界にウェブの力を使って変革をもたらすことを目標にされていますよね。松本さんにとっての「成功の定義」とは何ですか?
Profile matsumoto
僕たちのサービスが社会のインフラになることです。例えば宅急便、電車、携帯電話はもちろん、ユニクロやマヨネーズも、世の中すべての人が当たり前に使うインフラになっていますよね。この状態になるのが成功だと思います。
Profile uematsu
ラクスルさんはインフラになりつつあるんじゃないですか?
Profile matsumoto
全然まだまだです。マヨネーズに比べると小さいでしょ(笑)G-TACだったら、がん検診からバリウムがなくなり、まず血液検査して引っ掛かったら胃カメラにいくのが常識になったら成功だと思います。
Profile uematsu
松本さんは印刷から運送と、一見関係のない業界に切り込んでいっていますが、なぜ印刷の次は運送なんですか?
Profile matsumoto
ネットによる効率化が進んでいない領域という点が共通点なんです。印刷から派生して中小企業の販促をeコマースなどで支援する事業に広げて、印刷以外に何があるだろうと見渡したときに、市場が大きくて変革の余地があるけどまだ進んでいないのが物流だったんです。今後はこの2領域でインフラ化を目指します。我々は新規事業の立ち上げ集団ではなく、印刷と物流業界の変革者でありたいと思っています。
Profile uematsu
ここ数年で事業規模も大きくなりましたか?
Profile matsumoto
社員はここ1-2年でぐっと増え、約180人になりました。現在、絶賛採用中です!
Profile uematsu
どういう人材を求めていますか?読者もきっと気になると思います。
Profile matsumoto
自立して動ける人ですね。頭の良さというより、PDCAが早い人。新しいものなんて10回に1-2回くらいしか当たらないので、たくさん打席に立って動ける人がいいです。それこそトラックを借りて自分で走るとか、駅前でティッシュを配るとか、領域を区切らずにチャレンジできる人がいいですね。
Profile uematsu
これはG-TACの採用基準と完全に合致しています。我々も泥臭くクリニックへの飛び込み営業やらチラシ配りとか、社長・役員含め総出でやっており、主体性とあらゆる選択肢を模索できることを重視しています。応募される際はぜひラクスルさんとG-TACの併願でお願いしたいです(笑)

※松本さんが受けた「消化器がんマイクロアレイ血液検査」について詳しく知りたい方はG-TACまでお問い合わせください。

後編「ラクスル松本社長は、遠隔カウンセリングでもっとラクする!」はこちらから

会員登録でキャンペーンや各種サービス等のご案内をお受取いただけます。

会員登録