Main
オピニオン 2016.02.15

【後編】破壊的イノベーションの鍵は「ゲノム」?

Profile
クレイトン・クリステンセン・インスティチュート ヘルスケア領域 上席主任研究官
スペンサー・ナム氏

「破壊的イノベーション」「イノベーションのジレンマ」で著名なクレイトン・クリステンセン教授とともに、クレイトン・クリステンセン・インスティチュートにて、ヘルスケア業界における破壊的イノベーションを研究する。これまで50を超える医療テクノロジー企業を対象とした調査を実施。15年間、米国と世界的なヘルスケア企業と共に働いた経験を有している他、グローバルな遠隔医療産業の未来に関して韓国政府だけでなく多数の民間の医療技術企業にも助言を行ってきた。過去には投資銀行、戦略コンサルタント、ベンチャーキャピタリストとしてのキャリアを持つ。ハーバード大学の数学課程の学士号、経営学修士(MBA)を取得。

クレイトン・クリステンセン・インスティチュートのヘルスケア領域の上席主任研究官として、クリステンセン教授とともに米国医療業界の破壊的イノベーションについて研究をするナム氏にインタビューを行った。後編では、破壊的イノベーションの鍵となる、診断領域のイノベーションを取り上げる。

破壊的イノベーションの鍵は、「治療」から「診断」

破壊的イノベーションの可能性として、「The Innovator's Prescription: A Disruptive Solution for Health Care(邦訳:医療イノベーションの本質)」のキーメッセージの一つは、医療バリューチェーン上で利益が生み源泉が「治療」から「診断」にシフトしていく、しかしイノベーションのジレンマに陥っている多くの製薬企業にはそのシフトの意志決定ができないだろう、というものでした。
治療から診断へのシフトは今も重要か、また診断領域での破壊的イノベーションが生まれる可能性をどのように考えられていますか?

まだ診断領域における破壊的なイノベーションは生まれていない、というのが私の意見だ。

一方で、誰かが望んだニーズとしてではなく、テクノロジーの進歩によって破壊的なイノベーションとなりえるものが生まれてきている。具体的にはセンサーとゲノムだ。

まず、センサーによってあらゆる健康データを継続的にトラックできるようになっている。この膨大なデータを診断に結びつければ、今よりも正確な病気の予防がができるようになるだろう。例えば、データの蓄積を通じて常時監視型のシステムを導入出来る。消費者が、何か体に異変があれば、過去5年間のデータを診ることでより正確な病気の予防が可能になることに加え、消費者にとってはコストの削減にも繋がる。

また、ゲノム診断についてもテクノロジーによってできることが広がりつつある。特に、病気のなりやすさ、と言っても、傾向ではなく、より具体的にどの病気になりえるかという「診断」につながる領域だ。具体的には、BRCA1とBRCA2などのがん遺伝子検査に代表されるような、疾患の原因として特定され、明確な予防対策を打つのに役立つ検査の活用が広がるだろう。

こうした健康データや遺伝子検査を活用した予防医療の領域に、大きな製薬企業は参入できない。薬は診断よりも高い、つまり儲かる。

製薬企業はがんのコンパニオン診断といって、がんになった患者のがん細胞の遺伝子を検査し、その人のがんの性質にあった抗癌剤を提供する「個別化治療」の臨床研究を進めている。しかし、製薬企業にとってはがん患者に対して薬を販売することが合理的であっても、そもそも、がんにならないようにするための遺伝子検査を開発し、提供することは短期的には合理性を欠く。

とはいえ、疾患の原因を特定できる遺伝子検査の普及には時間がかかるだろう。今は、まだ過渡期だと言える。

ヒトゲノムプロジェクトが完了してから、人のゲノム情報を解析するコストは一気に下がった。しかし、一方で、それだけで診断できることはまだ限られている。ムーブメントになりつつあるが、まだブームにはなっていない。こうした診断領域が重要であることは今も変わらないが、そこでのイノベーションが形になって現れるまでには、もう少し時間がかかるだろう、というのが私の意見だ。

Sub 1

「原因」を特定する診断領域に注目せよ

G-TACはゲノム診断領域に挑戦する破壊的イノベーターの1社を目指しています。ゲノム診断に限らず、こうした診断領域に挑戦する企業やスタートアップにアドバイスをお願い致します。

G-TACのモデルは非常に面白い。

私が、そしてクリステンセン教授が企業に言い続けていることは、病気の「原因」の特定に特化した診断に注力せよ、ということだ。例えば、アルツハイマーや糖尿病など、ゲノム情報に限らず、何がその病気の原因となっているのかを知ることの価値が一層高まっている。

今の診断の多くは、「病気がある」ことしか分からない。病気に向かっているのか、遠ざかっているのかも分からない。これに対して、原因を特定することができれば、明確な対応を導くことができる。

例えば、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)がまさにそうだ。100年前の人は胃潰瘍に苦しめられていた。しかし、ピロリ菌が胃潰瘍の原因であることが特定され、正確な診断と治療ができるようになった。100年かけて原因の分からない病気の治療を続けるよりも、20年研究に投資して病気の「原因」を突き止めた方が、より多くのお金と時間を削減できるという典型例だ。

がんで言えば、CTスキャンによる診断が一般的だが、がんの腫瘍がどこにあるということしか分からない。このがんはどういう遺伝子の変異によって起きたのか、それが分かれば決まった予防方法と治療方法がある。そういった原因の特定によって、明確な対応が決まっている、そんな診断が求められている。

日本は米国以外でこの課題に取り組むベスト・ポジションにいるだろう。バイオテクノロジーと医療の多くの分野では欧米を凌ぐ。

もちろん、米国には同分野のトップが集まっている。しかし、米国では診断に対して報酬が支払われる仕組みがないことが課題だ。日本がそこで育てた診断による医療モデルがいずれ米国への破壊的イノベーションとなって返ってくることを期待している。

前編「医療の破壊的イノベーションは起きたのか?」はこちらから

会員登録でキャンペーンや各種サービス等のご案内をお受取いただけます。

会員登録